エステサロンの求人に応募した後は面接対策をしておこう

主婦が働きやすいエステサロンを探すヒント 主婦が働きやすいエステサロンを探すヒント

エステサロンの求人募集で採用されるコツ

エステサロンの求人に応募する時、採用してもらうためには何に気を付けるべきでしょうか。面接官がチェックしている内容を事前に知っておくと安心です。

エステサロンの面接時に気をつけたいポイント

面接を受ける時の服装はどうしたらいいですか?
面接での服装は、上品さと清潔感のあるものを選ぶようにしましょう。エステサロンでの仕事は多くの人と直接対面しサービスを提供するものです。相手に不快感を与えないことが大前提になります。面接はラフな格好ではなく、少しきちんとした品のある服装を心がけましょう。靴やカバン、髪型などにも気を配ることもポイントです。
どういうポイントをアピールしたほうがいいですか?
やはり、エステサロンで働くにあたって、自身のスキンケアは重要です。面接の日時が決まったらお手入れをしっかりしておきましょう。エステの仕事は体力が必要になるので、体力や忍耐力があることをアピールすることをおすすめします。健康的な笑顔もアピールポイントになりますので、面接では笑顔で答えられるように気をつけましょう。
志望動機を伝える時に注意することは?
志望動機では、なぜ他のサロンではなくそのサロンで働きたいのかを答えられるようにしましょう。他のエステサロンでも使えそうな志望動機はNGです。サロンのことをきちんと調べて、どこがどんな風に魅力的なのかを伝えるようにすると良いでしょう。サロンのHPだけでなく、口コミサイトなどもチェックするとそのサロンの等身大の姿が見えやすくなるのでおすすめです。
未経験の場合はどういうことを伝えたほうがいいですか?
きちんとした研修制度のあるサロンも多く、未経験でも採用される可能性は大いにあります。未経験者は、なぜエステの仕事に就きたいのかは必ず答えられるように準備しておきましょう。人と接することが好き、分からないことでも積極的に勉強するという姿勢をアピールすることで採用を勝ち取ることができるでしょう。明るく前向きな印象を残せると良いですね。

面接官が欲しいと思わせることが大切

未経験者や子育て主婦でも働けるサロンは沢山あります。大切なのは採用担当者が「この人となら一緒に働きたい」と感じることです。好印象を残せるように努力しましょう!

TOPボタン